アメシスト(紫水晶) amethyst


 紫の水晶です。色変わりの水晶としては、煙水晶とともにポピュラーなものです。紫の発色はFe3+のためと考えられています。煙水晶と同じように、発色は鉄そのものによるのではなく、鉄の隣にある酸素から電子が移動して、電気的な状態が変化することによると考えられています。
 加熱していくと、300℃くらいで無色になって、更に加熱すると黄色に変化するそうです。このような熱処理で作られた黄水晶が良く流通しています。これは、放射線を当てるともとの紫に戻るそうです。
 amethystは英語ですが、語源はラテン語・ギリシア語の「酔いを防止する」からきており、酔わない効果のある石と信じられていました。2月の誕生石になっています。

写真1

先端の径:2cm
このような、6角柱一本のものはポイントと呼ばれているようです。


写真2

幅:6cm
研磨して形を整えたものです。


写真3

一辺:2cm、
かなり小ぶりです。結晶が剣山のように並んでいるのはクラスターと呼ばれているようです。


写真4

先端の系:2cm
細かい石を研磨したのもです。紅石英と同じように、いろいろな石の入った詰め合わせで、瓶や袋にいれて売られています。



データについては石英のページを参照して下さい。


石英のページ
堅いページメニューに戻る