アベンチュリン aventurine

 緑色の不純物(雲母)のために、緑色をしている石英です。緑以外のものもアベンチュリンと呼ばれることもあります。  紅石英と同じように、普通は塊状をしていますが、水晶と呼べるほどのサイズの結晶になったものもあるそうです。
 指輪や、大きなビーズのネックレス、置物など素材として広く使用されています。英語のaventurineは更に、石英以外にも長石に小さな鉱物の入ったものと含まれると書かれているモノもあります。


写真1

幅:70mm
この断面は、研磨されています。


写真2

幅:70mm
写真1の裏側の、未加工の面です。


写真3

幅:50mm
上の石よりも、やや白っぽい感じです。


データについては石英のページを参照して下さい。


石英のページ
堅いページメニューに戻る