シトリン(黄水晶) citrine

 黄色の水晶です。'cirti-'は、元はラテン語で柑橘類を示す言葉で、citrineはレモン色、黄色を指します。もともとはcitrine quartzということだったのですが、いまはcitrineだけで「黄水晶、レモン水晶」の意味があるようです。
 トパーズの代用石として広く用いられており、シトリントパーズ(そのまま訳すと黄色のトパーズ?)とかいう名前で扱われています。英語では、brazillian topazという名前も使われているようです。
 それでも天然のシトリンはそれほど一般的ではなく、普通によく見られるものは紫水晶を熱処理して脱色させたもの多いようです。天然のシトリンは全体的に黄色を帯びているそうですが、熱処理品は先端部だけ着色していることが多いようです。


写真1

結晶の幅:8mmm
産地:ブラジル
先端部に色がついており、アメジストの熱処理品と思われます。



データについては石英のページを参照して下さい。


石英のページ   トップページに戻る   堅いページメニューに戻る