孔雀石(マラカイト) malachite

 よく見られるものは、塊状でまっすぐや曲がったり球状になった模様のものですが、放射状に針のような細い結晶が成長したものもあるそうです(本でしか見たことは無いです)。銅の鉱石の鉱脈の境に、帯状の層で見られます。
 古くから貴石として扱われておりかなりの量を産出したようで、1800年あまり前の三国史にも、孔雀石を床に使った豪華な建物が登場します。また、ロシアのウラル地方には以前大きな産地があり、サンクトペテルブルグ・アイザック聖堂のホールの一部は、孔雀石でできているそうですが、世界的に大量に産出するところは少なくなっているようです。
 そのままではそれほどきれいという感じはあまりありませんが(写真2)、磨いたものはきれいな縞模様になり、飾り石や箱(写真3)、アクセサリとしても使用されています。ただ、やや柔らかくもろいのが難点です。写真1の石も知らぬ間に欠けてしまいました。

写真1


産地:不明。最近はザイール産がほとんどと言う話ですが。
大きさ:←2cm→
さいころ状に加工してあります。


写真2


産地:ザイール
大きさ:←2cm→
一面は研磨されておらず、内部に空間があります。


写真3


産地:不明
大きさ:←5cm→
孔雀石の箱です。くりぬきではなく、研磨した薄板を貼り合わせて作ってあります。



=データ=
分類: 炭酸塩鉱物
化学式: Cu(CO3)(OH)2
結晶系: 斜方晶
外観: 半透明〜不透明。通常は緑〜濃緑の縞模様。
用途: オーナメント、小物等の材料や、コレクター用。銅鉱石として使用される場合もあり。
密度: 4.0
硬度: 3.5-4


トップページに戻る   堅いページメニューに戻る