岩塩  halite, rock salt

 塩化ナトリウム、いわゆる塩が主成分です。通常の岩塩は干上がった塩が地殻変動で地中に埋まったもので、産地では食用の塩の原料として使用されています。普通の岩塩はそれほど大きな結晶にはなっていませんが、地中にある間に作用を受けて大きな結晶に成長したものあります。
 もろく、空気中の水分で溶けてしまいます。いろいろな色のものがあり、発色の原因は結晶構造の欠陥(カラーセンター)や、有機物・酸化鉄等の不純物の含有によるようです(不純物は無関係と書かれている書物もあります)。



写真1

石の幅:30mm
産地:オーストリア ザルツブルグ
色は着いていません。


写真2

石の幅:30mm
産地:オーストリア ザルツブルグ
黒色をしています。瀝青(石炭等の天然炭化水素)が混じると黒色になるそうです。


写真3

石の幅:30mm
産地:オーストリア ザルツブルグ
薄黄色をしています。水酸化鉄が不純物として含まれると、黄色っぽくなるそうです。


写真4

石の幅:30mm
産地:オーストリア ザルツブルグ
オレンジ色です。微細なヘマタイトを含有すると赤色系の色になります。


=データ=
分類: ハロゲン化鉱物
化学式: NaCl
結晶系: 立方晶系
外観: 透明〜半透明。色は、無色、黄、赤、黒、紫等いろいろあり
用途: 食用塩の原料、化学工業の原料・副原料(塩酸、塩素の供給源)、分析機器の光学部品
密度: 2.1
硬度: 2.5


トップページに戻る   堅いページメニューに戻る