煙水晶(スモーキークオーツ) smoky quartz

 薄茶色〜黒色の水晶です。透明で淡い茶色のものから、黒色で透けて見えない程度のものまで、色調にかなり幅があります。黒いものは特に黒水晶(モーリオン)morionと呼ばれることもあります。
 放射線処理で色が変わるのは、カラーセンターと呼ばれる、結晶中のマイナスイオン粒子の欠陥部に、電子が入り込んだ部分があるためといわれています。カラーセンターによる着色は、加熱すると色は失われてしまいます。煙水晶には微量のアルミニウムが含まれており、この部分に自然の放射線によってカラーセンターができるためと考えられています。
 通常の水晶でもアルミニウムを微量に含むものであれば、放射線(ガンマ線やX線)で人工的に着色したものもあるそうですが、これは根本が十分に発色していないことが多いそうです。  津市の三重県立博物館に、煙水晶の大きな結晶(1m弱くらい?)があり、2001年に見に行った時は実際にさわることができました。


写真1

結晶の長さ:5cm
産地:ブラジル
淡色ですが全体に均一に色が着いており、天然物のような気がします。
また、この結晶にはルチルが含まれています。


データについては石英のページを参照して下さい。


石英のページ   トップページに戻る   堅いページメニューに戻る