虎目石(タイガーズアイ) tiger's eye

 石英が主成分ですが、もともとクロシドライト(青石綿;繊維状のリーベック閃石でいわゆる石綿(クリソタイル)と同様に耐熱・断熱材等に使用される)に石英が浸透して形成されたもの。もともとクロシドライトは青色であるので、そのままであれば青〜青紫色の石となるはずですが、クロシドライトの鉄分が酸化されて酸化鉄となって、茶色になっているものが虎目石です。酸化される前の青色のものは鷹目石(ファルコンズアイ)と呼ばれているそうで、虎目石よりも産出が少ないようです。
 この結果、針状・平行なクロシドライトが石英の中に含まれる事になり、この石をきれいに磨くとシャトヤンシー(chatoyancy)と呼ばれる、ぼおっとした繊維に直行する光の線が、見られます。原理的には、キューティクルたっぷりの髪の毛に見える「天使の輪」と同じです。
 それほど高価な石ではなく、大きな飾りものの材料に使われたりもしますが、独特の輝きが何とも言えません。


写真1

石の幅:30mm
産地:???
全体をきれいに磨いたものです。


写真2

石の高さ:60mm
産地:???
繊維に沿った面が3面ありますが、一面は未カット、一面は未研磨、もう一面は研磨済みになっています。この面は研磨されている面です。


写真3

石の高さ:60mm
産地:???
写真2の石の未カットの面です。見た目はばっとしませんが、元は石綿だったのかという感じます。



データについては石英のページを参照して下さい。


石英のページ   トップページに戻る   堅いページメニューに戻る