方解石(カルサイト) calcite



 あられ石と同じ化学組成ですが、こちらは結晶系が異なっており、六方晶系で、やや柔らかいです。石墨/ダイヤモンドの関係と同じです。
 微細な結晶は石灰石、大理石、アラバスタ(縞大理石)など多くの石の主成分になっています。結晶は完全な劈開が特徴で、炎で加熱するとCO2(二酸化炭素)を出してCaO(酸化カルシウム)になってしまいます。
 また、複屈折(double refraction)する鉱物として有名です。透明間のある標本を通して見ると、二重に見えます(写真4参照)


写真1


産地:アメリカ
大きさ:←5cm→(一番長い辺)
つぶれた直方体の形をしています。劈開が完全であるので、これにそって形を整えたものだと思います。やや黄味がかっていますが、透明感があります。


写真2:オレンジカルサイト


産地:メキシコ
大きさ:←3cm→
半透明・オレンジ色の方解石です。


写真3:グリーンカルサイト


産地:メキシコ
大きさ:←3cm→
半透明・薄い緑色の方解石です。


写真4:方解石の複屈折


方解石を通りしてものを見ると、二重に見えます。二つになった画像が重なる部分は濃く見えます。



=データ=
分類: 炭酸塩鉱物
化学式: CaCO3
結晶系: 六方晶系
外観: 透明〜半透明。色は、無色、黄、緑、白、赤等多様
用途: セメント(石灰石)、高級建材(大理石)、肥料・化学産業の原料。きれいな結晶は、偏光顕微鏡用のプリズムに使われます。
密度: 2.7
硬度: 3


堅いページメニューに戻る