カルセドニー chalcedony


 カルセドニー(玉髄)は、二酸化ケイ素が主成分で、石英と同じです。カルセドニーと石英をまとめて「石英」する場合もあるようですが、ここでは2つに分けています。これらの違いは、石英が目に見える程度の大きさの結晶を持っているのに対し、カルセドニーは、結晶の大きさが顕微鏡クラスや確認できないほど小さく、緻密な塊状のものを指しています。
 カルセドニーはいろいろな不純物を含んでおり、不純物を多く含むものは不透明なものが多くあります。不純物の多いジャスパーなどは別に扱われることもありますが、ここではまとめています。いろいろ特有の名前がついたものも多いです。






=データ=
分類: 酸化鉱物
化学式: SiO2
結晶系: 六方晶系
外観: 透明〜不透明。白・黄・紫・黒等様々な色有り。
用途: 飾り石、コレクターズアイテム
密度: 2.65
硬度: 7


堅いページメニューに戻る