水晶 rock crystal

 鉱物の代名詞といってもいいくらいの代表的な鉱物です。鉱物と言えば、これを思い浮かべる人が多いと思います。
 日本語の水晶は、大きな(目に見える)石英の結晶を指しているようで、色にはよらないようですが、一般的なものは透明〜白のものです。英語の場合はrock crystalは通常透明なものを指しているようで、もともとcrystalは「溶けない氷・氷の化石」の意味のようです。また、白いものは、別にmilky quartzと呼ばれてるようです。
 蒐集品としては、透明なものの人気が高いようです。
写真1

結晶の長さ:3cm
産地:アメリカ
手元にあるのものの中では、透明度は高いです。先端部分からも小さな水晶が成長しています。


写真2

結晶の長さ:3cm
アクセサリとして売られていたものです。きれいに削って磨いてあるものですが、非常に透明感があります。

写真3

結晶の長さ:20cm
産地:中国チベット
透明感はありませんが、手元にある結晶で最も大きいです。内部のひびの部分が角度によって虹色に見えて、きれいです。


写真4

結晶の長さ:3cm


写真5

結晶の長さ:10cm
産地:ブラジル
トルマリンの母岩となっています。透明感はありません。内部にも緑・ピンクのトルマリンが含まれています。


写真6

結晶の長さ:10cm
先端部の一部が非常に細かい水晶の集合体になっています。先端部は透明ではなく白色(milky quartz)になっています。

写真7

結晶の長さ:2cm
産地:ブラジル
写真5の一部に成長した、白色の水晶です。下の小さな緑の結晶はトルマリンです。



データについては石英のページを参照して下さい。



石英のページへ
堅いページメニューに戻る