一銭錫亜鉛貨






写真:昭和19年 1.28g 15.0mm
発行/通用禁止 昭和19年/昭和28年 年号 昭和19年(1944)〜昭和20年(1945)
発行枚数 約16億3千万枚 材質 錫500 亜鉛500
直径 15.00mm 重量 1.3g
発行の経緯
  • アルミニウムの需要確保のために廃止された、富士一銭アルミ貨に変わって、穴あき五銭錫貨十銭錫貨ととも、昭和19年3月ににコインは発行されました。著しい物資不足のなか、占領地の東南アジアで多く産する錫に、比較的国内でも産出した亜鉛を合金にして製造されました。五銭、十銭も亜鉛が含まれていますが、このコインは錫と亜鉛が等量の合金なので、「錫亜鉛貨」と呼ばれているようです。

  • デザインは、戦中貨幣ということもあり、表は菊の紋章と唐草、裏は文字のみというシンプルというか、簡単なのものです。

  • 戦況は日に日に劣勢となり、東南アジアからの輸送もままならなくなり、錫の調達も困難な状況となりました。もはや金属で貨幣を製造できる状態ではなくなり、昭和20年に製造が中止され、陶(セラミック)製の貨幣の製造が検討されました。この一銭陶貨は、終戦間際に量産試作までは行われましたが、終戦にともなって発行されることなく、処分されていまいました。

  • この一銭錫亜鉛貨が、日本で最後の一銭硬貨となってしまいました。なお、この貨幣は終戦後の8月にもとりあえずということで、製造されていますが、激しいインフレに付いていけなかったためか、1ヶ月で発行されることなく製造が中止されました。
希少性
 昭和19年銘と20年銘がありますが、どちらもインフレ中のコインということもあり、大量に発行されています。普通品ならばどちらも数十円で購入できると思いますが、カタログではやや20年の方が高価になっています。未使用に近いものも、安価で手に入れられると思いますが、金属の特質なのか鈍い光沢であまり見栄えがしません。
コメント
 歴史的には重みのあるコインですが、錫貨はありふれている上に錫貨は見栄えが悪いためか、近年下火になっているコイン収集のなかでも、特に人気が無いような気もします。同じ錫貨でも五銭、十銭と比べて、特にこのコインは見栄えが悪く、普通に流通しただけで、黒っぽくなって表面が見えにくくなっているコインが多いです。
この時代の他の硬貨
十銭錫貨
穴あき五銭錫貨
鳩五銭錫貨


 丸いページメニューに戻る