五銭ニッケル貨






写真:昭和8年 2.77g, 19.05mm
発行/通用禁止 昭和8年/昭和28年 年号銘 昭和8年〜昭和12年
発行枚数 約1億5400万枚 材質 ニッケル:1000
直径 19.00mm 重量 2.80g
穴径 5.20mm    
発行の経緯
  • 小型五銭白銅貨の後を引き次いで、昭和8年から発行されました。明治30年に制定されたの貨幣法の最後の改正に基づき発行されました。デザインの変更、及び材質が白銅貨からニッケルに変更されています。

  • ニッケル貨への変更の理由は、戦争に備えてのニッケルの備蓄と(日本に限らず、各国で行われたようです)、偽造防止対策が主なものです。詳細については、十銭ニッケル貨を参照して下さい。

  • デザインは表面が菊の紋章ととび(金鵄)、裏面が勾玉8個が連なった輪で、一般公募されたデザインを元にしています。ギザはありません。金鵄は、日本書紀に現れる神武天皇が遠征の際に、弓にとまったと言われているとびで、戦功者の勲章の名前にも使われており、戦時色・尊皇色の濃いデザインです。

  • やがて、日中戦争の勃発に伴って当初の目的通り回収され、通常の青銅と異なり、日本で産出しなかった錫を用いず、アルミと銅を原料にした、五銭アルミ青銅貨に引き継がれることとなりました。

希少性
  十銭ニッケル貨よりも数が少ない(現行の十円と五円の関係と同じみたいです)ですが、数百円のオーダーであり、年号別収集も容易です。

コメント
 青銅や白銅、銀と比較しても対摩耗性に優れているためか、また流通期間が短いためか、摩耗したものはほとんど見かけません(腐食したものはありますが・・)。

この時代の他の硬貨
小型五十銭銀貨
十銭ニッケル貨
桐一銭青銅貨


 丸いページメニューに戻る