桐一銭青銅貨






写真:昭和13年 7.05g 27.95mm
発行/通用禁止 大正5年/昭和28年 年号 大正5年〜昭和13年
発行枚数 約21億8500万枚 材質 銅950 錫40 亜鉛10
直径 23.03mm 重量 3.75g
発行の経緯
  • 明治30年制定の貨幣法では、物価の値上がり(おおよそ明治初期の2倍)を加味して、各額面の金貨はこれまでの半分の重量になりました。その後、銀相場の高騰に対応して、各銀貨についても明治39〜40年に、小型化されましたが、このとき唯一製造されていた銅貨・青銅貨である稲一銭青銅貨については、明治初期から同じ量目のままで、額面に対して地金価格がかなり高い状態となっていました。
    大正3年(1914年)に勃発した第一次世界大戦に伴う好景気により、小額貨幣を大量増発する必要に迫られましたが、好景気のため金属材料の値上がりも激しく、このサイズでの大量発行は、コスト面で問題となったため、大正5年に貨幣法を改正して、量目を半分近くまで縮小し、デザインも改正して発行されました。

  • 新硬貨デザインは、表面が唐草と菊花に「一銭」の文字、裏面が桐と2つの小さな桜花で、同時に発行された五厘青銅貨と同系のデザインとなっています。。菊は、いわゆる菊紋ではなく、花びらの間隔の開いた、菊の花のようです。裏面も桐の紋章に近いのですが、昔ながらの紋章と比べるとまるまるしたデザインで趣が異なっており、貨幣様式も「桐」と書かれています。昔ながらの菊の紋章、桐の紋章を用いなかったことに関しては、大正デモクラシーの時代で、自由主義的な風潮であったことが背景にあるようですが、当時の右派から非難がでたそうです。

  • 初めての発行後23年に渡って製造されましたが、昭和12年は日中戦争(日支事変)が勃発して、事実上の戦時体制となったことから、物資の節約と補助貨幣の増産に対応するために、昭和13年を最後に製造は中止され、臨時貨幣法に基づいて発行された、一銭黄銅貨へと変更されました。

希少性
 発行されなかった年もありますが、23年間の長年にわたり22億枚近く製造されており、銅貨・青銅貨の中ではもっともありふれています。普通品は数十円で手に入れられます。
 年号別には、昭和4年と5年がそれぞれ300万枚、500万枚と特に希少です。買おうとすると、普通品で3000円程度(昭和4年)であり、そこそこ高価なものです。
コメント
 小型五十銭銀貨とともに、大正から昭和にかけて、長い期間に渡って製造されており、大変庶民に浸透していた貨幣の一つだそうで、今でいうならば、十円玉に近い感覚のようです。大きさも重量も今の十円玉に非常に近く、自動販売機から十円玉のおつりとして出てきたという話を聞いたことがあります。
この時代の他の硬貨
旭日五十銭銀貨
小型五十銭銀貨
旭日十銭銀貨
十銭白銅貨
十銭ニッケル貨
大型五銭白銅貨
小型五銭白銅貨
五銭ニッケル貨
五厘青銅貨


 丸いページメニューに戻る