大型五銭白銅貨





写真:大正8年 4.23g, 20.65mm
発行/通用禁止 大正5年/昭和28年 年号銘 大正6年〜大正9年
発行枚数 約8300万枚 材質 銅:750 ニッケル:250
直径 20.60mm 重量 4.28g
穴径 4.24mm    
発行の経緯  明治30年に制定された貨幣法に基づき、稲五銭白銅貨が発行されましたが、この硬貨の先代の菊五銭白銅貨も含めて、
  1. 大きさは20.6mm(6分8厘)であるが、旭日二十銭銀貨の20.3mm(6分7厘)と非常に近く、混同されやすかった。
  2. 額面の割に地金の金額が安く、菊五銭よりは複雑になったものの、偽造されやすかった。
という問題点がありました。

 この対策として、大正5年の貨幣法の第3次改正に基づき、識別・偽造防止の観点から初めて(といっても近代貨幣のまえは穴銭でしたが)有孔コインが採用されました。また、材料費の削減という意味合いもあります。

 大きさは前二代と同じサイズですが、厚みはやや薄くなっています。デザインは表が菊の紋章と桐、裏が青海波と八稜鏡、ギザはありません。青海波は中国の青海地方が発祥と言われていますし、八稜鏡も唐代の銅鏡のデザインで、両方ともオリジナルは中国です。しかし、明治30年の貨幣法で、竜図は中国的の思想に基づくとして廃されてしまったことと、どうもつじつまが合いません。

 銀の高騰により旭日十銭銀貨が発行停止となったあと、八咫烏十銭銀貨が製造されたものの、銀の高騰は続いたため、発行されることなく日銀から回収されました。結局、十銭は大正9年に十銭白銅貨として発行されることとなりましたが、重量・大きさのバランスを取るためにこの硬貨は小型化され、大正9年からは小型五銭白銅貨として、発行されました。十銭白銅貨・大型五銭白銅貨・小型五銭白銅貨の3種はデザインが同じで、かつ大きさが結構似通ってます(比較写真)
希少性  発行が4年間であり小型五銭白銅貨の1/10ほどしか製造されず、また、その後の十銭白銅貨、小型五銭白銅貨を発行したため、かなりの量が回収されてしまったようで、現存数は少な目のようです。普通品・普通年で、カタログには1000円程度からとなっています。大正6,7年はやや希少の用で、2,3倍程度になっています。

コメント 大量に買うにはちょっと高価な割に、デザインが小型五銭白銅貨・十銭白銅貨と同じで大きさも近いので、どうも食指が動きません。ただ、あまり流通しなかったこともあり、状態の良いものが多く残されているようで、比較的安く手に入るようです。
この時代の
他の硬貨
旭日五十銭銀貨
八咫烏十銭銀貨(流通せず)
桐一銭青銅貨
五厘青銅貨


トップページに戻る   丸いページメニューに戻る