旭日10銭銀貨

2005/06/12





写真:明治44年 2.24g, 17.6mm
発行年: 明治40〜大正6年 廃止: 昭和28年
発行枚数: 約2億1000万枚 材質: 銀720 銅280
直径: 17.57mm 重量: 2.25g
発行の経緯
  • 龍10銭を引き継いで明治40年から発行されました。明治の始めから世界各国が銀本位制から金本位制に移行したことに伴って、銀価格は低迷を続けていましたが、明治36年、一転して上昇に転じました。その結果、銀貨の銀としての価値が額面を上回りそうになり地金に戻されてしまう恐れがでてきました。この対策として、含まれる銀量を減らすため発行されました。10銭はこれ以上小さくすると、流通上不便なので、銀の品位を落とし、厚みを薄くして、サイズはそのままにされたとのことです。

  • ただ、銀の品位を落とすにあたっては、技術的に、貨幣の信用という意味で問題があると大蔵当局が反対しましたが、背に腹は代えられず、結局は他の銀貨(20銭、50銭)より1年遅れて発行されました。

  • その後10年あまりにわたって発行されましたが、1914(大正3年)から始まった第一次世界大戦の影響で、更に銀価格が暴騰し、大正7年に発行が停止されました。その後、重量を2/3倍とした八咫烏(やたがらす)10銭銀貨に引き継がれるはずでしたが、銀の暴騰は止まらなかったため、八咫烏10銭は製造されたものの発行はされませんでした。

希少性
  • 各年とも多く残存しているようで、年号・状態を問わなければ、数百円で手に入れられます。

  • 明治41年と大正元年はやや珍しいようですが、それほど高価な年号もなく、全ての年号をそろえるのもそれほど大変ではないです。
コメント
現在の1円玉よりも小さくかわいいコインですが、銀貨の貫禄はあります。

この時代の他の硬貨
新一円銀貨
旭日五十銭銀貨
旭日二十銭銀貨
大型五銭白銅貨
桐一銭青銅貨
五厘青銅貨


丸いページメニューに戻る