鳩五銭錫貨





写真:昭和21年 1.99g, 17.00mm
発行/通用禁止 昭和20年/昭和28年 年号銘 昭和20年〜昭和21年
発行枚数 約1億8000万枚 材質 錫 930 亜鉛 70
直径 17.00mm 重量 2.0g
発行の経緯
 昭和20年8月に太平洋戦争は終戦となりましたが、この時点で製造されていた硬貨は、一銭錫合金貨のみでした。五銭は「い五銭券」というお札になっており、陶器製のコインを試作中でしたが、五銭については大量生産までは行われなかったようです。
 終戦後造幣局はすぐにコインの製造に取りかかり、9月には以前の五銭アルミニウム貨の生産を再度始めたものの、戦前色の濃いデザインであるとの指摘がGHQからあり、製造を停止して鋳潰してしまいました。貨幣の発行には、デザインや発行枚数などについて、GHQの事前承認が必要であるとの通達があり、そして12月に製造を開始したのが、この鳩五銭錫貨です。
 デザインは、表が菊の紋章と鳩、裏が桐の紋章にアラビア数字の5です。材質はこのコインの前に製造されてた穴あき五銭と同じです。戦前をイメージさせる「大日本」の文字は「日本政府」に変更されています。
 錫はもともとコインの材質として適切なものではなく、つなぎ的な役割であったと思われます。昭和21年には手持ちの材料使用しきって製造を中止し、このコインは最後の五銭硬貨となってしまいました。そのあと、日本銀行A五銭券(梅五銭)が発行されましたが、この紙幣も、インフレの加速とともに存在意味を失い、2ヶ月間引き渡されただけで、昭和23年に引き渡しは終了し、最後の五銭となってしましました。
希少性
 このコインもインフレのため、退蔵されやすかったためか、さほど珍しくはありません。普通品ならば100円以下で手に入れられます。昭和20年と21年のものがあり、発行枚数の内訳は分かっていないようですが、昭和20年の方がやや価格が高く、やや少ないようです。
コメント
 鳩がいつから平和の象徴になっているのかは知らないのですが、GHQの通達もあり、戦争・軍国等のデザインでは無いことを示威しているようです。穴あき五銭よりデザイン的にも凝っており、混乱はしているものの余裕が感じられます。

この時代の他の硬貨
稲十銭アルミニウム貨
一銭錫合金貨
 


トップページに戻る   丸いページメニューに戻る