五銭アルミニウム青銅貨





写真:昭和15年 2.80g, 18.95mm
発行/通用禁止 昭和13年/昭和28年 年号銘 昭和13年〜昭和15年
発行枚数 約1億5200万枚 材質 銅950 アルミニウム50
直径 19.00mm 重量 2.80g
穴径 4.00mm    
発行の経緯  昭和13年に制定された「臨時通貨法」に基づいて、十銭アルミニウム青銅貨とともに発行されました。発行された理由は、ニッケル備蓄の目的もかねて、このときまで製造されていた五銭ニッケル貨を鋳潰して、軍需用のニッケルを確保するためでした。昭和13年には人・物両方に政府に大きな統制権を与えた「国家総動員法」が公布され、ほぼ戦時下となるなか、国内に産しない金属は重要な位置につけられました。そのため、国内でもまとまった産出する金属である、アルミニウムと銅の合金が使用されました。

 デザインは表面は菊と桐の紋章、裏面は桜花の半分が左右端に配されています。ニッケル貨の時と同様、デザインは一般公募されたものを元にしています。

 「臨時通貨法」からは、運用に柔軟性を求めるため、柔軟性を持たせるためか、議会での決議なしに貨幣の素材・純度を変更できるようになりました。そして、その目論見どおり、この硬貨は製造開始後3年で中止され、アルミニウム100%の五銭アルミニウム貨に引き継がれます。

希少性  十銭アルミ青銅貨と同様、3年間のみの発行のためか、多く退蔵されたようです。十銭よりもやや発行枚数は少ないものの、普通品なら100円とかで手に入れられると思います。極端に発行数の少ない年はありませんが、昭和15年がやや少ない感じです。
コメント  退蔵されたものが多いためか、製造当時の光沢を残しているものが、良く見られます。青銅貨・銅貨は表面が酸化されやすく、製造時の光沢を残しておくのはなかなか難しいのですが、アルミが5%入っただけで、これほど性質が変わるというのも不思議です。
この時代の
他の硬貨
十銭銭アルミニウム青銅貨
桐一銭青銅貨
カラス一銭黄銅貨
カラス一銭アルミニウム貨


トップページに戻る   丸いページメニューに戻る