十銭アルミニウム青銅貨






写真のコイン:昭和13年銘 直径22.05mm 重量3.99g


データ



発行の経緯



希少性


 

3年間のみの発行のためか、多く退蔵されたようで、普通品なら100円とかで手に入れられると思います。昭和15年は、やや少ないものの、特に希少な年号は無いようです。私が未分類として購入したものの内訳は、

昭和13年  162枚(4700万枚)
昭和14年  291枚(1億2000万枚)
昭和15年  21枚(1600万枚)

でした(括弧内発行枚数)。


 

たまたまかもしれませんが、昭和15年は発行枚数の割に、流通数が少ない感じがします。様式変更前年であり、製造はされたものの実際には市場の出されることなく回収されたのかもしれません。


コメント


 

現在の5円に非常によく似ています。金属の特質なのか、退蔵されたものが多いためか、製造当時の光沢を残しているものが、良く見られます。並品専門の私でも、きれいなものも持っています。400枚ほど購入した中で、1割くらいはぴかぴかのものでした。真鍮と比べて下の写真ように使い込まれた感じの古美色風合いになるスピードが速いように思います。これはこれで、味があるとは思います。



この時代の他の硬貨



2010/02/20
Last update : 2016/12/29

トップページに戻る
丸いページメニューに戻る