菊十銭アルミニウム貨





写真:昭和17年, 1.20g, 22.0mm
発行/通用禁止 昭和15年/昭和28年 年号銘 昭和15年〜昭和18年
発行枚数 約22億8000万枚 材質 アルミニウム 1000
直径 22.00mm 重量
昭和15年・16年前期 1.50g
昭和16年後期〜18年前期 1.20g
昭和18年後期 1.00g
発行の経緯
  • 昭和13年に公布された、臨時貨幣法にそって、勅令で形式変更を行う形で発行されました。 昭和14年、第二次世界大戦が勃発し、日中戦争も長期化し、昭和16年には太平洋戦争に繋がっていきます。 このようななか、戦略物資としての銅を確保するために、アルミ青銅貨は廃止となり、アルミ100%の硬貨に変更されました。

  • デザインは、表が菊の紋章と枝葉、裏が桜の花になっています。戦争が長期化金属不足は深刻となり、アルミニウムの確保のため、昭和16年8月、昭和18年2月に量目が変更されましたが、ついに昭和18年銘を最後に製造が中止され、昭和19年からは十銭錫貨が発行される事になりました。
希少性
 2度にわたって量目が変更されたため、3種類の量目の異なるものがあります。全般的には普通品で数十円のオーダーで、昭和18年前期(厚いもの)は数が少いですが、それでも普通品800円程度で手に入れられます。

 量目違いを含めると、全部で6種類になりますが、発行枚数は計3グループにまとめて公表されているようです。以下は、1000枚程度のサンプルと実際の発行枚数の比較です。

 発行枚数の内訳不明分を、サンプルから単純推算すると、発行枚数の内訳は、以下のようになります。
 
昭和15年3億2000万枚
昭和16年前期2億6000万枚
昭和16年後期3億5000万枚
昭和17年6億1000万枚
昭和18年前期7000万枚
昭和18年後期7億0000万枚
 
 推定発行枚数の割合と、サンプル数の割合を比較したものが、次のグラフです。

 昭和18年の実数は発行枚数よりかなり少ないのでは無いかと思われます。各コインとも最終年銘は回収され易いためか、発行枚数と比較して残存数が少ないようです。サンプルの昭和16年は、後期の方がややプレミアが(といっても数十円の話ですが)ついているみたいですが、今回のサンプルを見る限り、それほど変わらず、昭和18年の後期のほうがまだ残存数が少ないのではないかという感じです。
コメント
現在の一円玉よりもやや大きいアルミ貨です。裏面の桜花の図案は凹図になっていますが、日本の近代・現代貨では、このコインだけではないでしょうか。

バリエーション
 先に述べましたように、厚さの異なるものがあります。昭和16年と昭和18年は、同じ年銘で、重さの異なるものがあります。精度のある秤で重さを量れば確実に区別できますが、厚みを比較しても大体分かります。指で触るか、横から見ると大体は分かります。以下の写真は、上が1.5g品と1.2g品、下が1.2g品と1.0g品です。
 



 厚みの測定値は、1.5g品:1.90mm、1.2g品1.45mm、1.0g品1.25mmで、ノギスで測ればとはっきりと差がでるレベルです。
 
この時代の他の硬貨
五銭アルミニウム青銅貨
五銭アルミニウム貨
カラス一銭アルミニウム貨
富士一銭アルミニウム貨


 丸いページメニューに戻る